ホワイトニングの手順

オフィスホワイトニングは、一体どのような方法で行われていくのでしょうか。まず、オフィスホワイトニングをしてもらうために、歯科医師のもとへ訪ねていくことになります。歯科医師としっかりカウンセリングが終了したあと、後口腔内をチェックします。

誰もがオフィスホワイトニングをすることが出来るということではなくて、施術部分に重度の虫歯やヒビ割れなどがあるケースにおいて、ホワイトニングをしてしまうと、強い痛みを感じることになり、施術が出来ない人たちもいます。歯周病の場合も、オフィスホワイトニングをしない方がいいのではと言われる場合もあります。

次には、口を大きく開け、施術しやすくするために、器具を装着します。そして、 施術部分の汚れを取り除いていきます。ヤニや歯石は、オフィスホワイトニングの効果があまり期待できなくなってしまう要因です。そのようなものをしっかりまずクリーニングしなければなりません。

そして、保護材を塗り、歯茎に薬剤が付着しないように予防対策を行ったあと、見える部分の前歯全体に薬剤を塗ります。そして、医師は、もっとオフィスホワイトニングの効果をアップさせるために、 ライトを8分~15分程度照射します。

Written by 管理者 in 未分類

Next Post

医師との信頼関係

オフィスホワイトニングは、一体どのような方法で行われていくのでしょうか。まず、オフィスホワイトニングをしてもらうために、歯科医師のもとへ訪ねていくことになります。歯科医師としっかりカウンセリングが終了 […]

Continue Reading