ホームホワイトニング

私もオフィスホワイトニングをしたいと思ってる人たちもきっと多くいるでしょう。しかし、もうちょっとオフィスホワイトニングの知識を高めて判断をしてみましょう。あなたには、ひょっとしたらオフィスホワイトニングではなくて、ホームホワイトニングが向いているという場合もあるかもしれません。

自宅で行うホームホワイトニングが何かということもある程度知識を蓄える必要があります。オフィスホワイトニングのデメリットは、ホームホワイトニングよりも効果の効きが長持ちしなことです。大体半年程度でしょう。

オフィスホワイトニングをすれば、半永久的にもつものと思っている人たちもひょっとしたらいるかもしれないですよね。そして、オフィスホワイトニングの方が価格が高いです。最近では、制限のない歯科医院もあるようですが、24~48時間は禁煙をしたりコーヒーなどの着色料の強い飲み物、食べ物の制限もあったりする場合もあります。知覚過敏になるリスクもオフィスホワイトニングにはあるようです。

そこでホームホワイトニングの方です。自宅で自分の生活に合わせてホワイトニングできるというのがやっぱり大きなメリットではないでしょうか。意外と思えるかもしれませんが、ホームホワイトニングの方が、効果が長続き出来ます。

ただし、自分で行うから手間もかかりますし、期間が長いというのもデメリットです。

0

医師との信頼関係

最近では、ライトも、歯や歯茎に対して優しい、LEDライトが使用されるケースも増えて来ました。オフィスホワイトニングでは、まず歯を真っ白にしなければ意味がありませんが、かつ安全、安心して行われる施術である必要があります。

既に上げた手順も、 2~3回繰り返していき、かつ一回のオフィスホワイトニングで歯を真っ白にすることには限界がありますので、痛みが出ないようにということに対しての配慮も行っていかなければなりません。

はじめてという人たちは、通常ライト照射3回が限界でしょう。口を1時間以上もあけておくこと自体、苦労と感じてしまうでしょう。したがって、1週間~2週間程度間隔をあけて、目標の白さになるまで定期的に通う必要があります。

そのとき、やっぱりホワイトニングがつらいものであれば、次に行くのも嫌と思ってしまうこともあるでしようね。医師は、出来るだけ、患者さんの負担をかけない方法について考える必要がありますし、やっぱりここには医師と患者さんの信頼関係があります。

オフィスホワイトニングは、やっぱり、間をあけず、続けて行うことが理想です。そして、目標の白さまで到達することが出来れば、終了ですが、オフィスホワイトニングというものは、再びいろいろなモノを食べることで着色して行くものです。1~3ヶ月に1度程度定期的に通う必要もあります。

0