ホワイトニングの手順

オフィスホワイトニングは、一体どのような方法で行われていくのでしょうか。まず、オフィスホワイトニングをしてもらうために、歯科医師のもとへ訪ねていくことになります。歯科医師としっかりカウンセリングが終了したあと、後口腔内をチェックします。

誰もがオフィスホワイトニングをすることが出来るということではなくて、施術部分に重度の虫歯やヒビ割れなどがあるケースにおいて、ホワイトニングをしてしまうと、強い痛みを感じることになり、施術が出来ない人たちもいます。歯周病の場合も、オフィスホワイトニングをしない方がいいのではと言われる場合もあります。

次には、口を大きく開け、施術しやすくするために、器具を装着します。そして、 施術部分の汚れを取り除いていきます。ヤニや歯石は、オフィスホワイトニングの効果があまり期待できなくなってしまう要因です。そのようなものをしっかりまずクリーニングしなければなりません。

そして、保護材を塗り、歯茎に薬剤が付着しないように予防対策を行ったあと、見える部分の前歯全体に薬剤を塗ります。そして、医師は、もっとオフィスホワイトニングの効果をアップさせるために、 ライトを8分~15分程度照射します。

0

ホワイトニングする

ホワイトニングも多くりの人たちに認識されるようになってきました。もはや、歯をキレイにするモチベーションは、芸能人などだけではありません。白い歯は、あなたのイメージアップにとても貢献してくれます。確実に歯をキレイにする方法とはまさにこのことなのです。しかし、まだまだしてみたいけど方法が判らないという人たちも大勢いますし、もちろんいざ自分もしようと思うとき、ある程度知識を持つことは大事なことです。歯科医院で歯をキレイにしてもらう方法こそがまさにコレです。濃度の高い薬剤を歯に塗布し、効果を高めるためにライトを照射する方法を選択します。

 

そこにはどのようなメリットを期待することが出来るのでしょうか。医師のもと、行う方法なので、安心ですし、短時間で期待通りの効果が出てきます。しかし、同時にデメリットについても考える必要があり、このような方法では、強力な薬剤を使用するため、痛みが強く出てしまう可能性もあります。しかし最近では、更に技術も進歩して、ほとんど痛みもなく、それでいてホワイトニング効果の高い技術が次から開発され、様々な歯科医院に取り入れられています。

 

参照ページ|大阪心斎橋でのホワイトニング・セラミック治療なら湘南美容歯科

 

一方では、お家で気長に行うホームホワイトニングというものもあり、それとはどのような違いがあるのかということも理解する必要があります。ともに同様の効果を持つ薬剤を使用することになりますが、しかし、お家でやるものに対しては、安全性を考慮して、濃度の低いものを使用します。だから、やっぱり効果は、オフィスのものよりも低くなってしまうようです。更に続けましょう。

0